院外処方できる注射剤の範囲

薬局が院外処方で調剤可能な注射剤

調剤薬局で調剤してよい注射薬は厚労省により決められている。


院外処方できる注射剤

調剤報酬点数表に関する事項(医保発0304第3号別添3)


(5)注射薬

ア.注射剤の調剤は調剤した調剤数、日数に関わらず、1回の処方箋受付につき所定点数を算定する。

.注射薬のうち支給できるものは、在宅医療における自己注射等のために投与される薬剤※に限る。※調剤報酬に関する事項 区分01調剤料(5)参照

.「モルヒネ塩酸塩製剤」、「フェンタニルクエン酸塩酸塩製剤」、「複方オキシコドン製剤」及び「オキシコドン塩酸塩製剤」は、薬液が取り出せない構造で、かつ患者などが注入速度を変えることができない注入ポンプ等に、必要に応じて生理食塩水等で希釈の上充填して交付した場合に限る

※ただし、患者又はその家族等の意を受け、かつ、これらの麻薬である注射薬の処方医の指示を受けた看護師が、患家に当該注射薬を持参し、患者の施用を補助する場合又は保険薬局の保険薬剤師が、患家に麻薬である注射薬を持参し、当該注射薬の処方医の指示を受けた看護師に手渡す場合は、この限りでない。



これをみると、「イ」で決められている薬剤なら全て調剤してよさそうですが、実際は投与経路などによって調剤できないと判断される薬剤がある

在宅で処方できるのは自己注射となっているから?
施設で看護師等いる場合もダメなんですね・・・


日経IDオンラインに薬剤師会に問い合わせた内容及び回答の記載がある。




【質問事項】
1)末梢静脈投与する注射薬を薬局から支給することは可能か
2)麻薬の注射製剤の支給は、算定要件の内容かつIVHポート留置時に限るのか
3)皮下注や筋注で投与する注射薬の支給は可能か

■東京都薬剤師会
1末梢静脈投与する注射薬を薬局から支給することは禁止。ただし、麻薬に限り、医師または看護師が使用する場合は支給可能。
2)回答(1)の通り。
3)皮下注や筋注のケースは想定していないが、緊急性が高いものは支給可能と考えている(※曖昧な部分があるので、誤りがあれば後日連絡するとのこと)

■埼玉県薬剤師会
1末梢静脈投与する注射薬の支給は禁止
2)算定要件の通り。IVHポート留置しているかどうかは関係ない。
3PCAポンプを用いた持続皮下注などは支給可能。筋注については想定していない。

(日経DIオンライン 毎回悩む 在宅での注射薬の対応 より) 


1つずつ詳しく見てみます。

まず前提として、

1.麻薬は薬液が取り出せない状態にしなければならない。
2.医師の指示により看護師に渡す場合はアンプル等でもOK。

なので、これだけみると上記1,2を満たしていれば皮下注であろうが、末梢であろうが、IVHポート(中心静脈栄養療法用のポート)がなかろうが処方できそうなのですが・・・在宅の自己注射を想定しているので、末梢静脈はなんとなくダメそうですが・・・

末梢静脈に関しては処方不可との回答。
(東京都は麻薬のみ看護師に渡す場合は調剤可能としている)
「調剤報酬に関する事項」に載っている注射薬全てにおいて、末梢静脈からの投与では処方しちゃダメとういことなんでしょうか・・・

持続皮下注に関しては可能との回答。
IVHポートの有無はどうでもよさそうです。


そもそもインスリンの自己注射って皮下注、エピペンは筋注ですよね。
これらを調剤するときに今回の疑問が生まれないのはなぜなんでしょうか。
(3)の回答意味わからなくなりませんか?
的外れでしたらすみません。


まとめ

中心静脈からの注射薬は処方可能

PCAポンプでの持続皮下注は処方可能

末梢静脈からの投与を目的としている場合、意見が割れている。
東京:麻薬のみ看護師に渡す場合なら可能。
埼玉:全部不可。

 2017/07/18

関連記事