COX-2選択性NSAIDsとアスピリン喘息

COX-2選択性NSAIDsはアスピリン喘息になりにくい?

NSAIDsはアスピリン喘息の既往歴がある患者さんには全て禁忌となっています。

ただし、COX-2選択性の薬剤に関してはアスピリン喘息になりにくいといわれています。

主なCOX-2選択性薬剤
セレコックス(セレコキシブ)、モービック(メロキシカム)、ハイペン(エトドラク)


アスピリン喘息の発生機序

アスピリン喘息患者には、アラキドン酸代謝経路上あるいはアラキドン酸代謝産物が関わる生体反応に何らかの異常があり、それがNSAIDsによるCOX阻害(おそらくCOX-1阻害)で顕在化し、過敏反応として現われてくるものと考えられる。

過敏反応のトリガーとしては、防御因子としてのプロスタグランジン E2(PGE2)の減少というステップが重要であり、最終メディエーターとしてはシステイニル・ロイコトリエン(cysLTsLTC4LTD4LTE4が重要な役割を演 じているものと考えられている。しかし、その間の機序(関与する細胞やメ ディエータなど)に関しては不明な点が多い。
(厚労省 重篤副作用疾患別対応マニュアル)



まとめると、元々アラキドン代謝に異常があり、NSAIDsのCOX-1阻害によるPGE2の減少、アラキドン酸増加によるLTへの代謝亢進が起こることで発症する。

成人の喘息患者のうち、10%がアスピリン喘息であるといわれているため、喘息患者にNSAIDsを投与する場合は要注意。

COX-2選択性の安全性

同マニュアルにアスピリン喘息を起こしやすいNSAIDsとして以下の特徴が上げられている。

薬剤ごとの過敏症状の差

解熱鎮痛効果の強い薬剤=COX-1阻害作用の強いNSAIDsほど激烈な副作用を生じやすい。
② 吸収の早い NSAIDs ほど急激な過敏症状をもたらす。
NSAIDsのもつ共通の薬理作用であるCOX-1阻害により生じる副作用のため、原因となるNSAIDsに化学構造式上の共通点はない。

吸収が早いほど起こりやすいため、注射薬、坐薬>内服薬>貼付薬、塗布薬の順で症状が早くかつ強く起こると考えられている。

また、目薬でも発症報告があるため注意。


COX-2選択性薬剤は非選択性薬剤と比べると起こりにくいものの、発症例もあり、禁忌にもなっていることから現実的には使いにくそうです。

その他注意

アスピリン喘息は後天的に発症するため、以前NSAIDsを飲めていたからと言ってNSAIDsが大丈夫という訳にはならない。(喘息発症後、NSAIDsを服用すると以前は起こらなかった人でも起こる可能性がある)


 2017/06/18

関連記事