リファンピシンとミノサイクリンの併用

術後感染 リファンピシン+ミノマイシンの併用は何の治療?

先日外来で遭遇した処方箋。

リファンピシンカプセル150㎎ 3CP 朝食前
ミノマイシン錠50㎎ 2T 朝食前

リファンピシンは結核かMACでしか見たことなかったが、ミノマイシンとの併用はされない。

患者さんに話を聞くと、術後の感染で、骨にまで感染してしまっており、骨髄までいくと大変だから治療しているとのこと。
原因菌まではわからないとのことだったので調べてみました。

リファンピシンの適応

リファンピシンは結核菌・非結核性抗酸菌症、ハンセン病の適応しかない。
これらはすべて抗酸菌が原因で起こる疾患。

※抗酸菌
結核菌は、抗酸菌属一つ。抗酸菌属には、結核菌以外に、非結核性抗酸菌やらい菌などがいる。

適応は取れていないが有効とされている細菌として、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、オウム病クラミジア、レジオネラ・ニューモフィラ、淋菌、髄膜炎菌がある。※1

このあたりが原因菌として考えられそう。


MRSAに対するリファンピシン、ミノマイシンの有効性

「リファンピシン ミノマキシン」で検索をかけるとMRSAのガイドラインがヒットする。

MRSAに適応を持っているのはバンコマイシン、テイコプラニン、アルベカシン、リネゾリド、ダプトマイシンだが、それ以外にリファンピシン、ミノマキシン、ST合剤も有効とされており、欧米のガイドラインには記載があり、一般的に使われているとのこと。※2

骨・関節症(化膿性骨髄炎)を見ると、"RFP、ST合剤に対するMRSAの感受性は良好である。また、RFP、MINO、CLDM は骨への移行性が良いので、抗MRSA薬と感受性のあるこれらの抗菌薬を併用するとよい、抗バイオフィルム効果を有する"との記載がある。

ミノマイシンは骨・歯への沈着があるくらいだから、移行性はよさそう。

通常は早期に静脈投与、その後寛解維持のため経口投与が行われるとのこと。

そういえば入院中は何か点滴していたと言っていたので、患者さんの話とも合いそう。


RFP、ST合剤、MINOの併用療法に関して、明らかなエビデンスはないが、抗MRSA薬と感受性のあるこれらの抗菌薬を併用するとよいとの意見や、単剤で使用すると耐性化する危険性がある※2ので、単剤では使用しないことが基本とのことなので、今回も併用されていたものと思われる。


※1 抗菌薬インターネットブック
※2 MRSA感染症の治療ガイドライン
 2018/05/11

関連記事