新型コロナウイルスに関する薬局の対応 電話受診とファックス処方による調剤

電話等による診察及び処方箋を認める旨の通知 薬局にその処方箋が来た時の対応について

医療機関が電話等で診察扱いにする旨の話はでていましたが、薬局の具体的な対応も通知が出された。

原文はこちら:新型コロナウイルス感染症患者の増加に際しての電話や情報通信機器を用いた診療や処方箋の取扱いについて



新型コロナウイルスに関する処方箋の取り扱いについて


病院での対応


1.電話や情報通信機器を用いて診療し医薬品の処方を行い、ファクシミリ等で処方箋が送付される場合

~略~既に診断されている慢性疾患等に対して医薬品が必要になった場合には、電話や情報通信機器を用いて診察した医師は、これまでも当該患者に対して処方されていた慢性疾患治療薬を処方の上、処方箋情報を、ファクシミリ等により、患者が希望する薬局に送付し、薬局はその処方箋情報に基づき調剤する。

注)処方箋情報のファクシミリ等による送付は、医療機関から薬局に行うことを原則とするが、患者が希望する場合には、患者自身が処方箋情報を薬局にファクシミリ等 により送付することも差し支えない

~略~初診で電話や情報通信機器を用いた診 療を行うことが許容される場合には該当せず、直接の対面による診療を行うこと

~略~電話や情報通信機器を用いた診療で処方する場合、新型コロナウイルスの感染者が 増加している地域や院内での感染が確認された医療機関等において、慢性疾患等を有する定期受診患者等について、当該患者が複数回以上受診しているかかりつけ医等が、 その利便性や有効性が危険性等を上回ると判断した場合において、これまでも当該患者に対して処方されていた慢性疾患治療薬を電話や情報通信機器を用いた診療で処方することは、事前に診療計画が作成されていない場合であっても差し支えないこととする。

電話や情報通信機器を用いた診療で処方する場合、患者の同意を得て、医療機関から患者が希望する薬局にファクシミリ等により処方箋情報を送付することとして差し支えない。

医療機関は、処方箋を保管し、後日、薬局に当該処方箋を送付するか、当該患者が 医療機関を受診した際に当該処方箋を手渡し、薬局に持参させる

医師は、ファクシミリ等により処方箋情報を薬局に送付した場合は、診療録に送付先の薬局を記録すること。

医師は、3.により、薬局から、患者から処方箋情報のファクシミリ等による送付 があった旨の連絡があった場合にも、診療録に当該薬局を記録すること。この場合に、 同一の処方箋情報が複数の薬局に送付されていないことを確認すること。


薬局での対応

3.薬局における対応

患者からファクシミリ等による処方箋情報の送付を受け付けた薬局は、その真偽を確認するため、処方箋を発行した医師が所属する医療機関に、処方箋の内容を確認する(この行為は、薬剤師法第24条に基づく疑義照会とは別途に、必ず行うこととする)。

なお、患者を介さずに医療機関からファクシミリ等による処方箋情報の送付を直接受けた場合には、この確認行為は行わなくてもよい

医療機関から処方箋原本を入手するまでの間は、ファクシミリ等により送付された 処方箋を薬剤師法(昭和 35 年法律第 146 号)第 23 条~第 27 条、医薬品、医療機器等 の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和 35 年法律第 145 号)第 49 条 における処方箋とみなして調剤等を行う。

調剤した薬剤は、患者と相談の上、当該薬剤の品質の保持や、確実な授与等がなされる方法で患者へ渡し、服薬指導は電話や情報通信機器を用いて行うこととしても差し支えない。また、長期処方に伴う患者の服薬アドヒアランスの低下や薬剤の紛失等を回避するため、調剤後も、必要に応じ電話や情報通信機器を用いて服薬指導等を実施する。

可能な時期に医療機関から処方箋原本を入手し、以前にファクシミリ等で送付された処方箋情報とともに保管すること。


まとめ

医療機関は慢性疾患、Do処方であれば電話等で処方可能。

処方箋はファックスで問題なし。医療機関⇒薬局、医療機関⇒患者⇒薬局どちらでも可。

医療機関⇒患者⇒薬局の場合、処方箋が正しいか医療機関に確認が必須。

医療機関⇒薬局の場合、医療機関への確認は省略可能。

調剤した薬は対面でなくてもOK(患者さんと要相談、電話等で服薬指導)
 2020/02/28

関連記事