下剤の作用発現時間一覧

刺激性下剤の排便までにかかる時間一覧


作用発現までの時間


以下は各インタビューフォームに記載されているデータです。

テレミンソフト坐剤(ビサコジル)

直腸挿入後15~60分以内

ラキソベロン内用液(ピコスルファート)

89%が内服1日目に排便あり。
52%が7~12時間後までに排便あり。(ヒト)


※GEのチャルドール内用液のインタビューフォームでは
内服後8~13時間で50%以上が排便あり(ヒト)
最短:4時間
最長:14時間以上

ラキソベロン錠(ピコスルファート)

9~12時間で大部分の人が排便あり。(ヒト)


プルゼニド錠(センナリド)

8~10時間で見られる。(ヒト)


アローゼン顆粒(センナ・センナジツ)

8~10時間で見られる。(ヒト)


レシカルボン坐剤(炭酸水素ナトリウム)

平均18分で排便がみられた。(イヌ)


刺激系ではないがアミティーザは24時間以内に58~75%に排便あり。
リンゼスは24時間以内に72%に排便あり。


付録




 2017/11/30

関連記事